WordPress

【WordPress】プラグイン「Table of Contents Plus」の設定方法

こんにちは😀広瀬ユキです。

今回は、目次を表示させるためのプラグイン「Table of Contents Plus」の設定方法をご紹介します。

プラグイン「Table of Contents Plus」をインストールしよう!

まずはじめに、プラグイン「Table of Contents Plus」をWordPressにインストールしましょう。

  1. WordPressにログインし、編集画面を開きます。
  2. 「プラグイン」→「新規追加」を開きます。
  3. 検索バーに「Table of Contents Plus」と入力し、キーワード検索しましょう。
  4. 見つけたら「今すぐインストール」をクリックしましょう。
  5. 「有効化」をクリックしましょう。

「Table of Contents Plus」の設定方法

「Table of Contents Plus」を設定しましょう。

基本設定

  1. WordPressの編集画面から「設定」→「TOC+」を選択し、開きます
  2. 下記の画像の要領で、各項目を設定します
  3. 最後に、「設定を更新」を押します


↓↓↓

上級者向けを開く

↓↓↓

重要な部分のみ書きだしました。

位置4種類選べますが、「最初の見出しの前(デフォルト)」がオススメ
表示条件例:2を設定した場合、見出しが1つだと目次が表示されません。
以下のコンテンツタイプを自動挿入post(投稿記事)、page(固定ページ)にチェックを入れるのがオススメ
見出しテキストお好みで設定して下さい。デフォルト(初期設定)は以下です。
・目次タイトル→Contents
・表示→show
・非表示→hide
階層表示チェックを入れる
番号振りチェックを外す
スムーズ・スクロール効果を有効化目次をクリックしたときに、ジャンプで移動するか、スクロールで移動するか選択します。
(上級者向け)
CSSファイルを除外
チェックを入れる
※チェックを入れると、上記の「外観」で設定した項目が無効になります。
(上級者向け)
見出しレベル
必要なところまでチェックを入れる

忘れず、「設定を更新」を押しましょう。

「Table of Contents Plus」設定完了です‼

目次の使い方―そもそも見出しって何?―

目次の使い方について説明します。

そもそも、見出しの使い方が分からないと、目次が使えません。

見出しは、記事の投稿画面のビジュアルエディターで、選択します。

下記、赤枠が「見出し2」、青枠が「見出し3」です。

では、目次はどうなるでしょうか・・・

記事を公開すると、目次は下記のように表示されます。

この場合、「最初の見出しの前(デフォルト)」に目次が表示されるように設定しているので、「見出し2」の真上に目次が表示されます。

是非使ってみてください!

編集後記

最初の頃に分からなかったことを記事にまとめてみました。目次を上手く使えると便利だと思います。近々、目次のカスタマイズについても記事にする予定です。

【WordPress】【JIN】サイドバーの目次のCSSカスタマイズ【WordPress】有料テーマ【JIN】を使っている方向けに、サイドバーの目次のCSSカスタマイズについてご紹介します。プラグイン「Table of Contents Plus」をインストールし、CSSにコードを追加することでサイドバーの目次を見やすくカスタマイズします。...
【WordPress】プラグイン「Table of Contents Plus」でサイトマップを作成する方法【WordPress】プラグイン「Table of Contents Plus」でサイトマップを作成する方法をご紹介します。...
【WordPress】プラグイン「PS Auto Sitemap」表示順序を並び替える方法【図解】【WordPress】プラグイン「PS Auto Sitemap」表示順序を並び替える方法【図解】を書きました。図もつけて解説しています。...

☆クリックで応援お願いします☆

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ