JINカスタマイズ

【WordPress】【JIN】「Warning」エラーが表示されてしまった時の対処法

こんにちは😀広瀬ユキです。

当ブログは、WordPress有料テーマ【JIN】を使っていますが、先日、下記のような表示が出てしまいました。

Warning: A non-numeric value encountered in /home/*ログインID*/yuki-hirose.com/public_html/wp-content/themes/jin/functions.php on line 1056

今回は、このようにエラー「Warning」が出てしまった時の対処法についてご紹介します。

  • WordPress有料テーマ【JIN】を使っている方向けの記事です。
  • 当ブログはXserverを使っています。

当ブログで「Warning」が出たときの状況

改めて、当ブログでは下記のような表示が、人気記事ランキングの上部に表示されていました。

Warning: A non-numeric value encountered in /home/*ログインID*/yuki-hirose.com/public_html/wp-content/themes/jin/functions.php on line 1056

実際の画面はこちら↓

この表示が出たときにしたことは以下です。

  • プラグイン「Search Regex」をインストールしてしばらくしたとき
  • プラグイン「BJ Lazy Load」で画像読み込み中の画像(Placeholder Image URL)を設定したとき
広瀬ユキ
広瀬ユキ
functions.phpに何か問題があるのは分かりましたが、しばらく様子見のために放置していました。しかし、何日か経っても表示が消えないので、なんとか対処法がないか探したところ、解決方法が見つかりました。

「Warning」が出たときの対処法

「Warning」の表示を消すためには、テーマエディターからテーマのための関数(functions.php)にコードを追加します。

functions.phpに追加するコード

functions.phpに追加するコードはコチラです↓

//アクセス数を更新する
update_post_meta( $postID, $count_key, (int)$count_array );
update_post_meta( $postID, $key, (int)$sum_count + 1 );

引用元:https://jin-forum.jp/topic/263/xサーバーのエラーログにて発生したエラーの解消方法/3

functions.phpへコードを追加する方法

方法①WordPressから追加する

【WordPress】【JIN】ブログのデザインをカスタマイズする方法:2種類【追加CSS】【WordPress】有料テーマ【JIN】を使っている方向けにブログのデザインをカスタマイズする方法:2種類について書きました。【追加CSS】...

↑こちらの記事の「方法②テーマエディターからCSSを追加する」の要領で、テーマエディターを開き、functions.phpにコードを追加します。

  1. WordPressの編集画面から、「外観」→「テーマエディター」を開きます。
  2. 画面右側の「編集するテーマを選択」で「jin-child」を選択します。
    ※子テーマを使わない方は「JIN」を選択。非推奨
  3. テーマファイルは「テーマのための関数(functions.php)」を開きます。
  4. 「テーマのための関数(functions.php)」に上記のコードを入力します。
  5. 最後に、画面下部の「ファイルを更新」をクリックします。

functions.phpへコードを追加できました‼

方法②Xserverから追加する

【WordPress】親テーマから子テーマにファイルを追加する方法【JIN】【Xserver】親テーマから子テーマにファイルを追加する方法について書きました。サーバーからWordPressにファイルをアップロードする方法としてもご覧いただけます。...

↑こちらの記事を参考にしながら、Xserverでファイルを開き、functions.phpにコードを追加します。

  1. Xserverの「ファイルマネージャ」にログインし、「WebFTP」を開きます。
  2. 「自分のドメイン名」→「public_html」→「wp_content」→「themes」→「jin-child」までファイルを開く。
  3. 少し下にスクロールして「functions.php」にチェックを入れ、「編集」を押す。
  4. 上記のコードを入力し、「保存」を押す。

functions.phpへコードを追加できました‼

「Warning」の表示が消えているか確認する

「Warning」の表示が消えているか確認しましょう。

表示が消えていない場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてもう一度表示を確認するか、別の方法をお試しください。

補足:プラグイン「Search Regex」について

プラグイン「Serch Regex」は、書き換えたい単語を検索し、一括で変換してくれる便利なプラグインです。

しかし、JINでは「Serch Regex」を有効化にしていると、Warningが出やすいです。当ブログでは、サイドバーに人気記事ランキングを設置していますが、ご紹介した上記の設定をしていても、たまにWarningの表示が出てしまうことがあります。

「Serch Regex」を使わないときは、プラグインを停止するか、削除(アンインストール)することをオススメします。

広瀬ユキ
広瀬ユキ
当ブログでは、使わないときはプラグインを停止し、使うときに有効化して対処しています。他の有料テーマを使ったことがないので、JINだけ「Search Regex」と相性が悪く、Warningが出やすいのかどうかは分かりませんが、停止か削除の対処をしたほうが良さそうです。

編集後記

当ブログはこの方法で解決できました。参考になれば幸いです。

【GoogleAnalytics】クローラーのアクセスを除外する方法【GoogleAnalytics】クローラーのアクセスを除外する方法を書きました。ブログ初心者向けの記事です。...

☆クリックで応援お願いします☆

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ