進撃の巨人

TVアニメ【進撃の巨人[Season3]】第58話「進撃の巨人」あらすじ&感想

こんにちは😀広瀬ユキです。

今回は、TVアニメ【進撃の巨人[Season3]】第58話「進撃の巨人」を観たので、あらすじと感想を書こうと思います。

進撃の巨人 第58話「進撃の巨人」

画像引用元:https://shingeki.tv/season3/story/#/season3/58

放送日

放送局:NHK総合

2019年6月23日(日)24:10から

あらすじ

前回は、グリシャ・イェガーの過去をたどる話。妹の死の真相を知り、息子・ジークに裏切られて追放されたグリシャの半生。エレンは、父・グリシャの記憶と繋がる感覚に気づき、目覚めたときには懲罰室にいたのだった…という内容でした。

Last time, it was a story that traces the past of Grisha Yeager. He learned the truth of his sister’s death and was betrayed and expelled by his son, Zeke. Eren was in the penal room when he woke up, noticing a sense connected to the memory of his father Grisha.

今回の内容は・・・

グリシャが残した記憶。その中でグリシャは、ある任務を託されることになる……。

引用元:https://shingeki.tv/season3/story/#/season3/58

感想

前半は、グリシャの記憶のお話です。作品の名前と今回のタイトルが一緒なんですね~。

マーレ当局の人々は、巨人となったフクロウによって殺され、グリシャはその場を彼に助けられた。

グリシャはフクロウの名がエレン・クルーガーであると知る。そして、クルーガーはグリシャがレベリオ収容区を飛び出した「あの日」に出会ったマーレ当局に潜伏するユミルの民のスパイであった。クルーガーもまた、過去にグリシャと同じくエルディアの復権を誓った一人だったのである。

彼は「九つの巨人の力」の一つを持っており、その力を持った日から寿命が13年に縮まるのだという。寿命が近づいた今、グリシャに自分を食べて巨人の力を継承し、壁内に潜入して「始祖の巨人」を奪還するという任務をグリシャに託した。

ここで、視聴者はエレンのことが一瞬よぎりますね。つまり・・・エレンの寿命は残り8年、アルミンは13年・・・。

グリシャは巨人になることをためらっていたが、クルーガーの持つ力は自由のために戦う「進撃の巨人」であることを知る。

後半は、懲罰室にいたエレン、ミカサ、アルミンが解放されるシーンから。彼らはこれまでのこれまでの戦いについて女王・ヒストリアに報告するための会議に参加する。

ハンジは、エレンは王家ではないが「始祖の力」を操れるかもしれないと会議で発言する。

続く・・・。

エレンて15歳なんですね。なのに寿命が8年だなんて・・・残酷なストーリーです・・・。ヒストリアが読んでいたユミルの手紙の謎やなぜクルーガーがミカサとアルミンの名を知っていたのか、歴史はどう繰り返されてきたのかも気になりますね。

The first half is a story of Grisha’s past memories. The name of the work and the title of this work are the same. It is not a mistake.

The people of the Mare Security Bureau were killed by “Fukurou” who became a titan, and Grisha was rescued by him.

Grisha learned that “Fukuro”‘s name was Eren Kruger. Kruger was then a spy for the people of Yumir, who hid in the Mare Security Bureau, where Grisha ran out of the Leberio detention area “that day”. Kruger, like Grisha, was one of the people who vowed to restore Eldia in the past.

Kuruger has one of the “powers of the nine titans”, and his life span shrinks from the day he has the power to 13 years. As his life drew to a close, he entrusted Grisha with a mission to eat Krugar, inherit the power of the giants, infiltrate the wall and retake “The Founding Titan.”

Here, viewers can think of Eren for a moment. This means… Eren’s life span is eight years, Armin is 13 years…

Grisha was hesitant to become a giant, but he learned that Kruger’s power was a “Attack on Titan” who fought for freedom.

The second half begins with Eren, Mikasa and Armin being released in the penital room. They will take part in a meeting to report to Queen Historia about the Battle of Shiganshina District so far.

Hange said at the meeting that Eren may be able to manipulate the “power of the founder”, although he is not a royal family.

Continue…

I found out that Ellen was fifteen years old. But it’s a cruel story that has a life span of eight years…I’m curious about the mystery of Yumir’s letter that Historia was reading, why Kruger knew the names of Mikasa and Armin, and how history has been repeated.

公式Twitter

次回放送日

放送局:NHK総合

2019年6月30日(日)24:10から

放送情報

こちらから【進撃の巨人】をお楽しみいただけます。

編集後記

久々のヒストリアの登場回でした。

TVアニメ【進撃の巨人[Season3]】第59話「壁の向こう側」あらすじ&感想TVアニメ【進撃の巨人[Season3]】第59話「壁の向こう側」あらすじ&感想を書きました。This article is my impression of watching the TV anime 【Attack on Titan [Season3]】Episode.59 「壁の向こう側」...
TVアニメ【進撃の巨人[Season3]】第57話「あの日」あらすじ&感想TVアニメ【進撃の巨人[Season3]】第57話「あの日」あらすじ&感想を書きました。This article is my impression of watching the TV anime 【Attack on Titan [Season3]】Episode.57 「あの日」...

☆クリックで応援お願いします☆

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ